cause nobody else is going to be like you

積ん読っていう言葉を知ったのはいつだったかもう覚えてないですけど、知った当時の僕には考えられない概念でした。
だって本っていうのは購入して読み始めた瞬間に止まらなくなるもので、それが読み終わるまでは他のことが手に付かなくて当然だったからです。

まぁ過去形を使ってる時点でお察しなのですが、現状積ん読しちゃってます。
何の本を積んでいるかと言えば化物語の最新刊なんですが、これ、ちゃんと発売初日に買ったんですよ。
それが12月の21日だったわけですから、まぁもう二週間程度手をつけていないということになります。
目に入る場所に置いておけばちょくちょく手に取るんでしょうが、何分サイズが大きく卓上に置くにはちょっと邪魔で、デスクの横の収納の中におさまっていて、気付くと存在を忘れてしまってるのがさらに拍車をかけていると。
でも今存在を思い出したのでこれを機に読み始めます。多分。

っていうか「つんどく」って今変換したら候補にちゃんと「積読」って出たよ。すげーな。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。